~だったらRTみたいなのは嫌い

よくTwitterで見る

「これ似ているなと思ったらRT」

とか

「少しでもいいなと思ったらRT」

というやつ。(派生形でいいね!を要求するものもあるが。)

こういうの嫌いなんですよね。

そりゃ、企業アカウントなんかだと拡散数とかもKPI(Key Performance Index;目標達成のための重要指標)になっているケースもあるんでしょうけど、それでも好まない。

RTもいいね!も自分が良いと思ったもの、誰かに知らせたいと思ったら自発的にするものだと思う。

ノリ・ネタの体裁を取っているとはいえ、こういう風に強制とか、おねだりされるのは、あまりいい気分ではない。

この手法が最初に出てきた時は、新鮮味もあったろうし、ノリで応じてくれる人もいるだろうけど、今となっては手垢がついて古臭い手法で、まだこんな方法でバズろうとしているの?だっせーと思ってしまう。

また、強制されるような感覚が嫌なので、いいなーと思っても意地でもRTやいいね!を押してやるもんかと思ってしまうのは、私があまのじゃくだからだろうか。

似たようなもので、

「AならばRT、Bならばいいね!を押してください」

という投票形式も古いと思う。

これは、Twitterに投票機能がなかった時代に投票をしていた時の手法で今なら、普通に投票を使えよと思うし、せこい方法で拡散をさせるなよと思ってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.