私の仕事での話。昨日、総務から電話がかかってきた。

総務 「KDDIの方から、電話がかかっているんですが」

私 「また、売り込みか何かだと思いますが、対応します。回してください。」

こう言って、電話を回してもらった。

話を聞けば、KDDI法人コンタクトセンターというセクションを作ったらしく、その担当に自分がなったので、ご挨拶の電話だと言う。

ネットで調べてみたが、そういう部署ができていることがプレスリリースにも出ているし、話も本当っぽい。一応、自分への直接の連絡先として、直通の電話番号とメールアドレスを教えた。

だけど、どうにもスッキリしない。

今までは、KDDIの関係会社の営業マンがいて、その人が来訪することがあった。だが、いつの間にか来訪もなくなっていた。

普通は、法人コンタクトセンターができて、営業活動のやり方を変えるなら、この営業マンが来て、新しい営業活動に切り替わることと、連絡先くらいは教えるべきだろう。

次に、電話一本で

「私はKDDIの人間です」

と言ったところで、それを相手が信用しますか?ということである。悪意ある業者がKDDIの名前を語っているケースだってあり得る。

事実、うちの会社には、

「KDDIのほうから電話をさせていただきました」

という言い方で、各部署に電話をしてきた業者がいた。不審に思った人が電話を私のところに回して、話を聞いたら、KDDIそのものではなく、KDDIと代理店契約を結んだところだった。

「~のほう」という言い方は、訪問販売で「消防署のほうから来た」と言って消火器を売りつけるのと同じであること、電話関係の部署ではないので決定権がないから、私に回したのだ。

他にもKDDIの他部署(IP電話関係の営業部署らしい)も各部署に電話をかけていたみたいで、これについては、KDDIのコールセンターに対して私の名前でクレームを出したことがある。

いずれにしても、電話やメールというのは、いくらでも詐称ができる。これで、自社の名前を出して「信用して何でも相談してください。」という営業活動は世間一般の感覚からズレていると思う。

それならそれで、郵送物などで告知をして法人関係を一元的にできる部署ができたこと、連絡先、担当者氏名くらいは欲しい。逆に、返信用封書やメールアドレス、FAXなどで、客先の担当を教えてもらうようにすればいいことなのに。

先日のトラブルの件でKDDIの対応に不満があったから書くわけではないが、世の中には悪徳業者もたくさんいるご時世なんだから、もう少し、相手から信用される営業活動の仕方をすべきだと思う。

ちなみに、この法人コンタクトセンターの人は、当社のホームページの事業所代表電話にかけたと言う。本来なら、従来の営業担当から担当者の氏名・連絡先・客先の環境や利用サービス、ニーズや課題を引き継いでおくべきだろう。

当社のことを何も知らない人間に相談したところで、ベストプラクティス(最適解)を出してくれるとは思えない。

結局は、この法人コンタクトセンターは、飛び込み営業部隊だという印象を受けた。正直、これでは期待もできないし、KDDIの印象がさらに悪くなった。

逆にNTTグループ(付き合いがあるのは、NTT東日本、NTTコミュニケーションズ)は、世間一般のことをやる。担当者が変われば現担当者と新担当者の両方が来て挨拶をするし、年末の挨拶にも来る。

この年末の挨拶をバカにしてはいけない。年末の挨拶という名目で客先を訪問できるチャンスだし、その際にお客さんの困っていることを聞き出したり、最新の技術動向を我々も聞き出すことができる。この会話の中から、顧客がどんな分野に興味を持っているか把握できれば、情報提供という形で商品を紹介することだってできる。

年末の挨拶のための時間を30分程度もらうようにして、アポイントを取ると、その時間の中で多くの情報を聞き出して次の営業活動につなげるのだ。

私は営業マンと接するのは嫌いじゃない。彼らを上手に使えば、我々の困っていることを解決できるし、他社事例も持っているから自分たちだけで考えるのとは違った方法を出してくれる可能性もある。選択の幅が広がるのだ。

そして、彼らが仕事を受注できれば、彼らにもメリットはある。まさにWin-Winの関係になれるわけなんだし。

私だって、それで自分の仕事を楽に、良い結果が出せれば良い評価につながる。

その楽をした分で新しい技術動向を調査したり、技術を試して検証したりして、技術を評価する目を養うことにしている。こうすれば、各社の営業マンが持ってくる提案を正確に評価することができるようになってくる。