帯広ってすげー

北海道・帯広市に住む友人と昨日、電話で話していて、ラブホの話題に。
まー、その友人は、@らぶほというサイトでホテル情報をチェックしていたそうな。
で、その中に掲載されているホテルでよさげなのを見つけたらしく、(Franc.)俺も電話で話しながらそのホテル情報をチェックしてみた。
そいつが、チェックして盛り上がってたのは、「無料コスチュームレンタル」という記述。まぁ、これは、普通に「どのコスチュームにするんだ?」って程度の話だったのだが…。
あと、アイマスクって記述があったんで、友人はカマトトぶって
「これ、何に使うんだ?」
って言うので、
目隠しの効能を教えてあげましたよ。
電話では言わなかったけど、男が目隠しをするってのもアリなんだけどね。(にやり)
その下をさらに読むと、「スライディグラブチェアを212号室に設置。帯広には2台しかない(2003年6月現在)。」と書かれている。
このスライディングラブチェアというのが何だ?ってことになった。
その212号室のページを見ると…。
奇妙な椅子らしきものがある。
コメントには「話題のスライディングラブチェア。5段階にスピード調整可能のエロティックなアクションに燃える。」と書かれている。
しかし、これでは何がどうなるのか理解できなかった取材班(ってか、いつから取材班になった!?)は、Yahoo!で検索をしてみた。
その中で、非常に明快に解説をしてあるページがあった。
なるほど、向かい合って、自動で…ってことなんですね。(あんまり卑猥なことを書くと怒られそうなので自主規制)
しかも!値段が32万円ですよ。高っ!
そして、スライディングラブチェアの検索結果を見ると帯広という文字が上位に。
どうやら、帯広では、スライディングラブチェアをイチオシのホテルが多いみたいです。はい。
他のホテルの情報を見ていて気づいたことがいくつか。
室内設備・アメニティ類の紹介を見ていると、傾向が。
結構、梅こぶ茶を置いているところがある。しかし、部屋の中にパチンコ・パチスロがあるところには、梅こぶ茶は存在しない。
梅こぶ茶を飲みたい帯広のラブホユーザーは、パチスロのある部屋はNGみたいです。
話は戻って、スライディングラブチェアって気持ちいいんですかねぇ。
その友人が彼女と使ったら、結果を聞いてみたいですね。できれば、男性の立場と女性の立場両方からで。
まー。個人的に現物を見てみたいし、試してみたいけど、試す相手がいないもんなー(ぼそっ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.