緊急特別企画・鉄道旅をする(5)

改札のアナウンスがあったので、途中下車した切符を見せて再入場します。

H100系列車

1両編成の列車がスタンバイしていました。途中には

目名駅

こんな駅舎があったり、

雪残る沿線

雪が残っている沿線の景色があったり、

なんとなーく、北海道にありそうな風景だったり、

比羅夫駅

この写真には写っていませんが、この右側でBBQをしていました。

この比羅夫駅、駅の宿ひらふとして泊まれるので、ホーム上でBBQをしているところに遭遇することがあるのです。

ちゃんとホームページでも、「プラットホームでの炭火焼バーベキュー」と書いてますね。

たまたま通りがかった時は、どなたかのお食事中だったというわけです。

事情を知らないとビックリしますよね。

さて、旅はまだ続きます。

途中、警笛を鳴らし、ブレーキをかけていたので、動物でもいたんでしょうか。熊だったら、なまらビックリするベアーってもんです(寒)

運賃表

ワンマン運転でやってきましたが、とうとう「次は終点・小樽」とのアナウンス。

運賃表の値段がすごいことになってますね。

小樽駅駅名標

小樽駅4番ホームに無事到着しました。熊にも遭遇せずに良かったベア。

小樽駅ホームから駅舎を眺める

4番ホームと5番ホーム(行き止まり。快速エアポート発着番線)の余市方に窓があって、駅舎内を上から眺めることができます。

ガス灯が下がっているところですが、近くでも見れるんですよね。

小樽駅外観

到着したのは19:50でしたので、すっかり夜になってしまいました。

この時間になるとお店が閉まってるところが多いのが難点ですね。

セントラル都通りの明かりも、通路中央の明かりは20:00に消えてしまい、左右のみ点灯したまま。

この時間でもやってそうな場所と言えば、なるとだなと思って行ってみます。

若鳥時代なると本店

ここのオーダーはちょっと変わっていて、席に通されると札が渡されます。

オーダーするときは、この札を持ってレジに行き、代金を支払う先払い方式なのです。

ということで、名物の半身揚げと寿司のセットを頼みました。

半身揚げ定食半身揚げ

見てください。この大きな鶏。(テレ東の通販みたいだけど)

この若鶏の半身揚げ、通販もやってます。

通販があるなら、冷凍でも売ってるんでは?と思ったそこのあなた!

大正解です。ありましたよ。

半身揚げ自販機

ぼく、ド冷えもん!(青いネコ型ロボットの声で脳内再生してください。あなたは、大山のぶ代さんの声でしたか?水田わさびさんの声でしたか?あーそうですか。これで世代がわかりますねー)

カッコ書きがなんか、水曜どうでしょうの大泉洋さんみたいになってしまいましたけどね。とっとと宿に向かいましょう。

今夜のお宿はドーミーイン小樽です。

選んだ理由は駅から近い!疲れた身体に優しい。これだけです。

まー、迷ったらここにしとけば大丈夫でしょう。あと、運河近くの宿とかも外さないと思います。

ドーミーイン、あまりにも有名になり過ぎて困ったことに、夜鳴きそばで行列できてんのwww

嘘だろ!?って思ったよね。

まー、お風呂入ってたら列もなくなるだろうと思いきや。

まだ行列できてんのね。

うわー、並ぶのめんどうくせーなー

23:00まで提供だから、22:30になったら行ってみるか。行くとカップルがいるだけ。

これが正解でした。

ドーミーインね、サービスが向上していまして、部屋に入ったら、

「冷蔵庫にフルーツ入ってるのでどうぞ」

だし、お風呂入ったら、

「お風呂あがりにアイスをどうぞ」

だし、翌朝だと、アイスが乳酸菌飲料になっていたり。追加料金なしのサービスが増えまくってるの。ビックらこきまろだよね。

だが、この夜鳴きそば行列が、翌朝にも繰り返されるとは知る由もなく、眠りにつくのだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.