緊急特別企画・鉄道旅をする

2022/03/16東北地方を強い地震が襲い、東北新幹線は脱線(脱輪と言ったほうがイメージが近いか)し、走行中のH5系列車はダメージを受け、地上設備もダメージを受けて区間運休をしていました。

2022/04/14に東北新幹線は全線運転再開。ただし、2022/05/12までは郡山~一ノ関間で徐行運転となり、2022/05/13から通常ダイヤに戻るとなっています。

当初は全線運転再開も4/20頃と言われていたのが、4/14に前倒しになり、関係者の大変な努力があったと思います。

「がんばったね」「すごいね」

という称賛も大事だけど、やっぱりゼニ大事ですよ。頑張りにはゼニで報いたい。

そこで、緊急特別企画。

東京~新函館北斗までをグランクラスで乗り通して、JR東日本とJR北海道にお金を落とそう。

で、函館まで来たので、ついでに北海道新幹線が札幌まで延伸した際には、並行在来線となる長万部~小樽間が存続するのかバス転換するのかと話題になっており、バス転換が濃厚になってきたので、今のうちに乗っておこうではないかと。

ほら、また廃止が近付くと葬式鉄でうじゃうじゃしますし…。

今回の旅の行程

  • 東京→新函館北斗:はやぶさ301号(臨時ダイヤ) 座席種別:グランクラス
  • 新函館北斗→長万部:特急・北斗11号 座席種別:グリーン車。ただし、特急料金は乗継割引適用。
  • 長万部→小樽:函館本線 普通列車(経由:倶知安)
  • 小樽→新千歳空港:函館本線・千歳線 快速エアポート 座席種別:uシート
  • 新千歳空港→羽田空港:全日空 座席種別:プレミアムクラス

となりました。

ほら、航空業界も大変だからね。こちらにもお金を落としておこうということで…。

予想以上に高くなっちゃいました。

まー、これで新幹線のボルトの1本くらいにはなることでしょうw

ということで、数年ぶりに東北新幹線に乗ります。

電光掲示板

今回のはやぶさ301号、東京駅を07:16に出発し、新函館北斗駅には12:17到着となっています。所要時間は5時間1分。やはり徐行区間があるために通常より長くなっています。

が、考えようによっては、グランクラスを長く楽しめるというわけです。(発想が貧乏くさいけどw)

E5系電車

乗車予定の列車が入線してきました。相変わらずのネギ色です。

側面幕

側面幕も押さえておきます。右下に輝くマークが目に入らぬか!

…ということで、この続きはまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.