私が一年間通っていたところの広報紙ができたそうで、先日、職員の方が持参してきてくれた。

私を含むグループ研究が、業界や会社を越えて合同で研究し、成果物を作ったことが新しい取り組みとして紹介されていた。

そのことを話して、上司に広報紙を見せる。

上司「う~ん。でもさ、これって新しいってわけじゃないよね。」

俺(ふわっ?)

上司「こんなの結構あることだし、●●とか××とかもそうだし。」

俺「は、はぁ…。」

ダメだこの人と思った。

まず、文をきちんと読んでいない。

  • この研究分野において
  • 業界や会社の垣根を越えて研究したこと

が「歴史的事件」とまで書かれている。つまり、2つの複合条件(AND条件)であることを理解できていない。

次に、この返しが決定的にダメすぎる。

それが本当に新しい試みかどうかなんて、どうでもいいのです。

私の立場では、なぜこんなことを話しているかと言えば、話のネタというのもあるのですが、こうして取り上げられることは誇らしいことなわけです。

だから、そこは手放しに

「すごいね!」

でいいのです。もう少し部下を売り込もうという上司なら、さらに上に対して、

「見てくださいよこれ。電池マン君たちがやっていた研究が取り上げられて、『歴史的事件』とまで評価されていますよ。」

ぐらいのことを言って、なんなら広報紙を回覧するくらいでもいいと思う。

当事者としては、少しくすぐったい気もするが、それでも、素直に喜んでいるのを見て悪い気分はしないし、こうやってプロモーションをかけてくれているのも悪くはとらえないです。(そして、部下はこういうのを結構見ているし、覚えてもいます)

結果として、そういう部下を育成した(実際は勝手に育っただけだとしても)のは上司の点数になるわけですから、誰も困らないんですよね。

正直、私はこのリアクションを見て、なんだかなぁ~(by 阿藤快)と思っちゃいました。