名状しがたい学校的なところに通う前、割と一人でいることが多かった。

一人には慣れているはずだった。

でも、名状しがたい学校的なところは、気づいたら誰かがいて、くだらない話から真面目な話までしていた。

特に自習とか、時間に余裕があると、その辺のOLかと思うような、

「ねぇねぇ、今日(のランチ)どこ行く?」

「ここ、良さそうじゃない?」

なんて話をしている。

少し前の自分には考えられない世界だった。

最近、グループでまとまって行動しないので、一人でいることが増えた。

気づいたらランチも一人で食べていることが多い。

で、ふと思った。

一人ってこんなに寂しいものなんだな。と。

一人でいることが当たり前でないと、こういう風に感じるんだな。

そんなことを思いながら、今日も一人メシを食べるのであった。