※ダメ人間たちの紹介は、登場人物紹介を参照してください。

童謡『雪』の歌詞風のタイトルにしてみました。

利用者からの依頼が届き、子会社チーム→婿殿→※とリレーされて、※の判断を求めていた。

※はいつも通り、放置癖を発動。

世間話の流れで婿殿から※が案件を放置していると聞いていた。

俺「ま、依頼直後だし、もう少し様子を見るけど、まずそうだったら相談して。私から、東京のライン職に聞いてみますよ。」

ここで一旦は終わり、その後、婿殿から、利用者からの督促があって、※が出張先から電話すると言っていたと聞いていたので、安心していた。

それから、数日が経ち。一本の電話が鳴る。

K様が電話に出たようだ。

どうも聞こえてくる感じからすると、※が放置していた案件っぽい。しびれを切らして電話をしてきた様子だった。

ここで最悪だったのは、K様が電話に出たことだ。

K様がワーワー言い出す。

K様「利用者が待てなくて電話してきたから、(あーでもないこーでもない)」

K様「そんなの、『許可します』と連絡すればいいだけのことじゃないか。そうしたら、本社でやるんだろ?」

婿殿にそんなことを言っている。

簡単に言ってくれるよな。許可すればと言うが、その許可するにあたって判断に迷っているから、※に相談しているわけだし、そもそも※と利用者の間で何を話しているかもわからないし、※が何に迷って可否判断を出せていないのか理解できない以上、安易に許可を出すことはできない。

逆を言えば、※が何に迷っているかさえわかれば、もっと上位の東京のライン職に判断を求めることができたのだ。(それが、過去に婿殿に言ったことでもある。)

利用者側に立つのは結構。電話を受けて慌てる気持ちも理解できる。でも、元管理職のK様であり、仮にもシステム運用側にいる人間なら、運用面での最適も考える必要があると思うんですけどね。

それらをすっ飛ばして、事情も把握していないでワーワー言うのは間違っていると思うのですよ。

少なくとも、婿殿相手に話しているなら、

  • 今どうなっているのか。
  • 何が支障になって前に進めないのか。

と、相手の言い分も聞くのが筋じゃないんですかねぇ。

んで、

K様「お前が何でもかんでもやるから甘えるんだ。そんなのやらせればいいんだ。」

という会話も聞こえる。

誰にやらせればいいと言っているのか知らないけどさ。あんた、本体社員側のことに口を出す権限はないと思うけど。逆に私や婿殿は子会社チームのことに口を出す権限はない。あくまでも、会社と会社の間での決められたルートを通じてクレームはクレームとして上げるべきであり、内部のことまで言う筋合いはない。

このK様に腹が立つのは、自分はミスター中立みたいな物の言い方をしたり、暗に私のことを何もしないと、言っているのも知っているんだけどさー。

あんた、大事な会議の情報をこっちに流さなかったりして、何もできなくしたんだよねー。

そいつに「何もしない」なんて言われる筋合いはないっつーの。そういうのは、ミスター中立なら、きちんと情報を提供して、それでもやらなかったら、非難されて当然だと思いますけど。

自分の立ち位置(以前の立ち位置も含めて)を使って、ガーガー言って、何が中立だよ。ふざけんなって思いますね。

そんなことを思いながら、トイレで巨大なクソをしてやりましたよ。

クソ野郎!と思いながらね。