移動して魚屋の喰い処まつ田さんへ。

ここで!
やっと!
Webご覧の皆さんお待たせしました!
カニです!
皆さん、心の準備はいいカニ?(寒 )

こちらです!

まつ田さんのせいこ丼で…まつ田せいこ丼!
※松田聖子さんとは無関係ですw

前の記事でせいこ(越前がにのメス)が出てきましたね。
普通に私たちが知ってる越前がにはオス。せいこはメスでややサイズが小さいんです。

こっちのほうがお値段は比較的お手頃で期間も非常に限られるレアなものなんです。
せいこは11月の漁解禁から約2ヶ月のみに限られ、1月頃には産卵をするそうです。

そして、メスだから食べることができるのが、外子と内子ですね。
外子は受精卵、内子は卵巣です。

まつ田せいこ丼は、この小さくて身を取り出すのが面倒なせいこを手を汚すことなく、サクッと食べることができるお気楽極楽な一品なのです。

この後、飛行機に乗って帰るから手や口元が汚れないようにと配慮して選んでくれたそうです。
カニ汁ブシャーのカニ臭ふわぁ~では周囲から睨まれますからね。

甲羅の左右にある茶色いのが外子

さて、肝心のお味。
カニの身は皆さんが写真を見て想像した通り。
外子のプチプチ触感を楽しみ、内子の甘味とまったりとした味がもうたまらんですね。このカニは内子を食べるためにあると思うくらい。

これは近くに行ったら、食べないと勿体ないです。

丼を裏側から。真ん中の白いものの中にある赤いのが内子。

あとね、この丼が美味しいのはごはん。カニの出汁で炊いてるから美味い。

醤油はほんの少しのほうがいいです。多すぎると醤油味になるし、素材の味を引き立てる脇役に徹してもらうには控えめのほうがいいと感じました。