寝落ちして、真夜中に目覚める。

テレビ北海道のちょいエロ系のラブホ紹介番組なんてやってるのかーとか、思いつつ、そんなのを見ながらスーツケースに荷物と思い出を詰めて、旅の終わりに向けて静かに走りだす。

今回はそんなに買ってないから、余裕…と思ったが、なんだかんだで結構な荷物でスーツケースは満杯に。ギリギリ全部入った感じだ。

ホテルのフロントに早朝5時に荷物を宅急便で送る手配をする。

持って行く荷物もひらくPCバッグに満杯になってしまって、最後は閉めるのも一苦労した。

朝、風呂に入り、STVの番組を見ていると、進撃の巨人雪像に積もった雪を自衛隊が払っている様子を流し、スタジオでは、その旨伝えていた。こうやって、夜間から早朝の間にメンテして、綺麗な状態の雪像になっているわけだ。

歯を磨いて、ヒゲを剃って7時にホテルを出る。札幌駅に直行し、朝なら快速エアポートの指定席も取れるだろう…と思ったが直近のものは取れず2本ほど後の列車になった。

時間ができてしまった。ここは、一人立ちそばオフと洒落込もうではないか。

記事には書いていなかったが、札幌駅北口のそばるは、揚げ物をオーダーすると、その場でフライヤーで揚げて熱々の天ぷらを提供してくれる。夕方からは立ち呑み対応にもなる。では、朝だとどうなのかチェックしてみた。

そばる

そばる(立呑タイム)

朝の時間帯だと、揚げ物系メニューは売り切れになっている。フライヤーは動かしていないようだ。

では、この前気になっていた、とろろ昆布(がごめ昆布)そばをいただこう。

出てくると、昆布の良い香りが漂う。

思わず、

「いい香りだ。」

と声に出てしまった。これがなかなか美味である。

そばをすすりながら、脳内でしょーもないことを考える。これで、私はこの地を去る。だから…。

♪我は行く さらば、そばるよー♪(谷村新司の昴のように。できれば熱唱気味で。)

我ながら朝からアホなことを考えるもんだ。

だが、まだ時間が余ってしまった。

新千歳空港行き列車が出るホームに行き…。

弁菜亭の立ちそばへw こっちは推している、きつねそばを食す。

寒いホームで食べるそばは、なぜこんなに美味いのだろう。

列車に乗るとすぐに爆睡。変な時間に起きたからねー。

新千歳空港駅に到着し、出発ロビーに行くと、オッサンカムラーの基本行動、飛行機の座席のアップグレードをお願いする。

この日は平日の昼の便ということもあって、アップグレード成功。

空港内も朝早いせいか、開いているお店も限られるので、スタバでお茶を。ここで、痛Chromebookを開きながらドヤ顔でお茶をしようと思ったら…。

新千歳空港のスタバは座席がないのなw(近くに他のお店と共同の座席はあるけど)

ってことで、断念して、適当な場所でお茶を飲む。

松尾ジンギスカンでも食べて帰ろうかな…と思ったけど、あんまり食欲もない。そりゃ、そうだ。朝から立ちそば2杯も食べれば腹いっぱいで当然だよねw

と、言うことで、フードコートの松尾ジンギスカンでジンギスカン定食を食べる。

これがね、野菜がたれで程よく煮こまれているし、肉もそれなりにあって、思った以上にボリュームがある。それでいて、出てくるのが早い。

出発まで時間がないけど、ジンギスカンを味わいたいって時にこれはいいわ。

時間も良い頃になったので、プレミアムクラス専用の保安検査場を通過して、ラウンジへ。

当然、オッサンカムラーの基本、クラッシック飲みますよねw

慣れていない人がビールのところでモタモタしていたし、途中で止めちゃってたけどさw

ANAのラウンジのビアサーバーは、ビール用のグラスをセットしてボタンを押すとグラスを傾けて注いで泡もちゃんと自動で乗せてくれるからね。変なことをしなくていいんですよ。冷え冷えの美味しいビールを注いでくれます。

時間になったので、機内に乗り込む。今日は珍しく窓側♪ 景色いっぱい見られるぜヒャッホー

…と喜んでいたけど、離陸したら、いつの間にか寝てしまっていた。

軽食と飲み物をいただいたのだが、なーんか、喉がイガイガする。

が、スマホの充電をしようと、電源どこだっけ?とややかがんで探していたら、

CAさん「お加減悪いですか?」

私「いえいえ。電源を探していただけです。」

と。ついでに、

私「すいません。喉が痛いんでキャンディーがあったらいただけますか?」

とリクエストする。すると、

CAさん「機内は乾燥してますよね。マスクも差し上げましょうか?」

ということで、いただくことにした。

CAさん「お好きでしたら、クッキーもどうぞ。」

と。のど飴一個あれば十分だったんだけど、色々な味の飴を詰めてくれた。マスクをもらってつけたら、喉の痛みも軽くなったし。

おお、CAさんグッジョブ!

無事着陸して、アクアラインバスに乗って自宅に到着…したら、疲れが出たのか、爆睡してました。

翌日、起きたら、異様なだるさと寒さ。

熱を計ったら、38℃。風邪でした。

どうやら、札幌から、風邪をお土産に持ってきてしまったようでした。

こんなオチもついて、今回の雪まつり度はこれでおしまい。