昨日は歓送迎会があったのですが、同僚で携帯電話を忘れたか落としたかもしれないと、私のところに相談が。

まずやるべきことは携帯電話の回線の停止やロックです。

docomoの最近の電話なら、おまかせロックですね。0120-524-360に電話するか、My docomoから処理することができます。(回線の一時停止も同じ番号でできます。)

盗難・紛失したときは(NTT docomo)

それから、この人がそうだったのですが、電話をかけて呼び出し音は鳴るのに、ケータイお預かりサービスで電話の場所を探そうとすると、探せないケースがあります。

このサービスを使う場合、事前設定が必要です。

Androidの場合:

設定(本体設定)→ドコモサービス→ドコモ位置情報→位置提供設定→パスワード入力→位置提供ON

その他のドコモケータイ等はこちらをご参照ください。

事前設定(NTT docomo)

ちなみに、iPhone/iPad/Macの場合はこちらを参照。

iPhone、iPad、Macを探す(Apple)

Androidの場合はGoogle純正での対処法もあります。

Android デバイス マネージャーを使って端末を見つける (Google)

いずれにしても、位置情報の提供設定等事前設定が必要ですね。


これで防護措置は終わったわけですが、今度は携帯電話を探さないといけません。

私も会社の携帯電話を「落とした」「失くした」「忘れた」という相談をよく受けるのですが、慌ててメールを送るのか、「落とした」という事実しか伝えてこない人がいます。

私がアドバイスしたのは、相手が探すためのヒントを整理しておくことです。

失くした携帯電話そのものの情報

  • 携帯電話番号
  • 機種名および色
  • ストラップ等の特徴があれば特徴

紛失時の状況(一例)

  • いつ・どの場所まで電話機があることを認知していたか。
  • その先の経路(電車を使った、タクシーを使った、どこを歩いた…等)
  • 乗車した列車がわかるならば、どの駅を何時に発車した(どの駅を何時に到着した)
  • タクシーなら、どのタクシー会社を使ったか、何時頃どこからどこへ向かったか。

これらの情報が明確であれば、忘れ物・落し物は絞られますし、問い合わせを受けた相手も手際よく調べることができます。

この人にヒヤリングした限りでは、

二次会後メールを打っていた→お店を出た時点で使っていたから店舗には存在しない。

列車を乗り継いでいた→どの駅を何時頃の列車に乗り、それぞれの列車の乗車位置までわかるとさらにGood

その後、タクシーに乗っている→何時頃にどの駅からどこへ、タクシー会社が特定できているか。

という情報を聞き出せました。

あとは、列車であれば、忘れ物センター等に事前に整理した情報を言い、調べてもらいます。

幸い、鉄道会社にそれらしき物があると判明したので、取りに行くそうです。

タクシーの場合、乗った駅はわかるけど、どのタクシー会社か特定できない場合は、各都道府県ごとにタクシーセンターやタクシー協会があるので、そうした場所に事前整理した情報を伝えると絞り込めると思います。

これでも見つからない場合は、警察署へ遺失物の届出をしたり、遺失物の検索をすることになります。

いずれにしても、事前整理した情報が明確であればあるほど、探しやすくなるので、慌てずに落ち着いて、情報を整理することが大事だと思います。

警察署で届出をした場合は、

  • 何月何日何時頃に
  • どの警察署で
  • 受理番号は何番か
  • 担当警察官がわかれば担当警察官

の情報を控えておくと良いでしょう。

これらの情報は、携帯電話の補償サービスを用いる時に使うことがあります。

ケータイ補償 お届けサービス/ケータイ補償サービス(NTT docomo)

補償のお手続き(ケータイ補償サービス | NTT docomo)

この中にも書かれていますが、

トラブルに遭われた日から、30日以内にご連絡ください。また、盗難、紛失の際は利用中断、警察に届出の上、ご連絡願います。(警察にお届けの際の受理番号、受付担当者、届出警察署名、日時などを確認させていただく場合があります。)

警察に届出をした場合には、受理番号や警察署などの情報が必要と書かれています。

実際に手続きをする場合にも、こうした情報は聞かれますから、届出をして安心してしまってはいけません。