引き続きますが。鳩山・小沢辞意関連。

辞職で責任を取ったつもりなのでしょうか?
特に小沢。金の問題について、党の要職を辞すれば、それで終わりだと思っているのか。逃げ得を許してはいけない。
本当に潔白ならば、堂々と国民に対して説明すればいい。説明責任を全うすることが本当の責任の取り方ではないか。

鳩山も「次の衆院選に出馬しない」と言っている。ならば、今すぐ議員辞職をすべきだ。

そして、民主党。野党時代には自民党がこうやって選挙前に看板を変えることを痛烈に批判していた。言うのは簡単だが、政権を取った今は、自らがそれを実現すべきだ。

ならば、本来は解散総選挙で国民の信を問うべき。
それができないなら、せめて議員辞職をして出直し選挙をして、有権者の審判を受ければよい。

中途半端に職を投げ出した割には、残る任期を往生際悪くしがみつくのは、筋が通っていない。

それから、この政権を選んだ国民と、その国民を操作したメディアの責任もある。

私は最初から民主は不支持だ。(時に自民寄りと批判もされたが。)
大風呂敷なマニフェストと売国政策があるから。ならば、まだ自民のほうがマシという判断だったのだ。決して、自民党がベストとは思っていない。

国民はもっと勉強すべき。何が起ころうとしているのか、それが自分たちにどう影響するかを勉強していないから、安易にメディア報道に流される。

そして、メディアの問題。自公政権に対する報道はアンフェアな感じがしていた。そして、「政権交代」と煽っていた。そのほうが視聴率も稼げそうだし、メディアの影響力を誇示できる。

実際に政権交代した後はアメリカ流の「ハネムーン」をしていた。アメリカのハネムーンはあくまでも、批判的な報道を控えるというもので、(国民の信任を得て生まれた政権とはいえ)迎合する報道をするわけではない。

だが、芸能人のように取り上げて、下手糞なCDまで再販するという、アホかと思うほどの煽り。
そして、政権が崩れようとすると、手のひらをひっくり返して、今度はガーガーと批判する。今のようなことは、マニフェストの段階でおかしいと指摘していた人はたくさんいたわけで、何を今更?と私は思っている。

いかにメディア報道が適当で、無責任で、視聴率を稼ぐために政治さえもショーにしてしまう。本当の悪は政治家以上にメディアじゃないかとさえ思う。

こうしたメディアに騙されないためにも、もっと国民は勉強し、きちんと判断する必要がある。地味かもしれないが、日本を良くする方法に特効薬があるわけではない。内服薬を飲んで、じっくり治すしかないのではないか。