類似サービスが本家を超えられるのか、それとも、所詮は二番煎じになるのか。

「2匹目のツイッター」を狙え! 類似「つぶやきサービス」続々登場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091010-00000001-jct-sci

かくいう私も最近になって、Twitterをはじめたわけですが。

Twitterの説明に「つぶやき」とか「140文字まで書けるミニブログ」と聞いていたので、

「ミニブログなら、別に普通のブログで充分じゃん。大は小を兼ねるんだし。」

って、思っていたんですね。実際に始めてみると、Twitterはこの説明では本質には迫れていないな…と思ったわけで。

Twitterのポイントは3つあると思うんですね。私は。

1.フォロー

2.フォロワー

3.タイムライン

タイムラインとは、自分の投稿とフォローした人の投稿が時間順に表示される仕組み。

フォローとは、他の人の投稿をタイムライン上で読みたいと思って、読者登録する仕組み。

フォロワーは、自分の投稿を読者登録している人。

のことだと思う。(正しくない解説かもしれないが。)

類似サービスと言っても、これらの特徴を有するものもあれば、カジュアル(クイック)コミュニケーションとしての要素を重視しているものもあるだろう。

類似と言いつつ、新しい概念のサービスで似て非なるものも出てくるかもしれないしね。

私はタイムラインが鍵だと思うんだよね。新着順表示だから、相手の質問や呼びかけに素早くレスポンスが返ってくる。シンプルな考え方なんだけど、これがコミュニケーションの渦を作る要素だと思うんだよね。

ただ、その一方で、大量にフォローしてしまうと、タイムラインがものすごく早いペースで流れてしまう問題もある。

この点の解消のために、TwitterはListsというフォローの分類分けを提供しようとしているわけだ。

Twitterによって、しっかりとした文章でのコミュニケーションから、簡易だけど早くて数の多いコミュニケーションへの変化が生まれている。

また、電話やチャット、IM(インスタント・メッセンジャー)のような同期コミュニケーション(同じ時間に居ることで取れるコミュニケーション)と、手紙や掲示板、ブログのような非同期コミュニケーション(異なる時間でも取れるコミュニケーション)の中間のような位置にあることも新しさではないだろうか。