ネタ元
http://news.livedoor.com/article/detail/3172669/

うーむ。
これ、逆に独男がアイドルにハマるのか。という視点もあると面白いのかな。

この方の主張をまとめると
「ジャニーズは人間ではなく、絵画のように鑑賞する対象物である」
と言い、だから、リアル世界の男性とは比較対象にすらならない。という。

私はアイドルが好きなわけだけど、自分はどうなのか。ということを考えてみた。
どうもいくつかの要素があるような感じがする。
1.純粋にかわいいな~と思う。
2.応援したい・支えてあげたいという気持ち
3.喋ってみて、「面白い子だな~」と感じる、ちょっと友達感覚

ここまでは、何となくイメージしやすいと思う。

4.リアル女性からの現実逃避
 絶対に手が届かない存在を追うことで、手が届く(と、思われる)リアル女性から逃避している。
 二次元の世界(=アニメなどにしか興味がない)の女性だけしか興味がない。というのも、ひょっとしたら、同じような心理なのかもしれない。
 アイドルや声優も、自分とはかけ離れた世界の人で、言うなれば2.5次元というところだろうか。

もちろん、これは私の成分であって、全部のアイドルファンがこうだとは思わない。
特に歳が離れたファンだと、娘を見るような気持ちという心境もあるかもしれない。

あとは、ミーハー感覚というのもあるかな。
有名人がそこにいる。イベントなんかに参加すれば、握手や少しだけだが話せる。こういう心理もありそうだ。(この場合、知名度こそが大事であり、誰でもいい傾向があると推測する。)

まー、いずれにしても、節度ある範囲で応援する分には全然問題ないと思う。
ただ、共演者に対して攻撃的な行動を取ったり、ストーカーのように執拗に付け回すのは、論外だと思う。(特にこれは、一部の過激なジャニヲタに多いと思われる。圧倒的大多数はこんなことはしないが。)

あと出待ちや入待ちも周辺の交通に支障が出るような状況(歩道を占拠し、一般の通行人の進路を塞ぐような状況など)は問題だろう。

警備員にものすごい文句を言う人も見かける。これも良くない。

ルールやマナーを守り、タレントのことを本当に思って、節度ある行動をしていれば誰からも非難される筋合いもないし、タレントも喜ぶだろう。