電池マン公式サイト

商品検索(横串検索)

1 2 3 4 .. 96363

紅の党〔1〕 皇帝になろうとした男・薄熙来

紅の党〔1〕 皇帝になろうとした男・薄熙来
216 円
「私は、いつか天子(皇帝)になる。お前達は、いまからひざまずいておけ」――2012年4月、中国共産党の最高指導部入り寸前までのぼりつめながら失脚した、薄熙来・前重慶市党委員会書記。元副首相の子息という恵まれた血筋に生まれながら、文革の動乱の中で母を非業の死..

紅の党〔2〕 「赤い貴族」たちの権力と蓄財

紅の党〔2〕 「赤い貴族」たちの権力と蓄財
216 円
中国共産党の高官の親族には人脈や血脈をビジネスにいかした資産家が少なくない。官僚や党幹部の子弟は「紅二代(革命第2世代)」などと呼ばれ、中国社会で既得権を形成している。希代の野心家、薄熙来の半生を取材した第1部に続き、第2部ではこうした「赤い貴族」とも呼..

紅の党〔3〕 カリスマなき時代の権力レース

紅の党〔3〕 カリスマなき時代の権力レース
216 円
中国共産党の新指導部を率いる習近平、李克強の両氏が権力の頂点を極めるまでの足跡を追った。毛沢東やトウ小平のようなカリスマがいない時代、習は改革派も保守派も取り込む「中庸」の指導者として評価されるが、後継指導部の人選が難航を極めるなど、集団指導体制の難しさ..

紅の党〔4〕 フェラーリ事故で見えた現代中国エリートの肖像

紅の党〔4〕 フェラーリ事故で見えた現代中国エリートの肖像
216 円
北京市の環状道路で1台のフェラーリが陸橋に激突し、運転していた男性と同乗の女性2人が死亡した。この男性の父親は胡錦濤前総書記の「側近中の側近」とされる令計画だった。胡と同じ共産主義青年団という将来の党幹部が輩出するエリート養成機関の出身だった。令の半生を..

紅の党〔5〕 膨張する「奥の院」 全てはここで決まる

紅の党〔5〕 膨張する「奥の院」 全てはここで決まる
216 円
北京市中心部。高い塀に囲まれた「中南海」は緑と静寂の中にある。中国共産党の重要政策決定の場であり、党指導部そのものを指す言葉でもある。ここで執務ができるのは、党最高幹部らごく一部の指導者たち。ベールに包まれた宮殿に根差すその権力は、政策決定だけではなく、..

尖閣をめぐる歴史 日中の加熱する主張の経緯をたどる

尖閣をめぐる歴史 日中の加熱する主張の経緯をたどる
216 円
日本の「尖閣国有化」に対し、中国は暴力的な反日デモで反発した。だが、中国が尖閣領有を公式に主張したのは1971年12月と新しい。その狙いとは何か。国際法における「無主の地・先占の法理」やサンフランシスコ講和条約などを根拠に実効支配する日本に対し、中国は1..

竹島をめぐる歴史 日韓の食い違う見解の論拠をさぐる

竹島をめぐる歴史 日韓の食い違う見解の論拠をさぐる
216 円
竹島(独島)を「歴史的にも国際法的にも我が国固有の領土」と主張する日韓両国。その根拠を、韓国が「6世紀から統治」といえば、日本は「17世紀から領有」と応じる。日本が1905年に島根県に編入したとの主張には、韓国は日本帝国に併合されて抗議できなかったと訴え..

「働いたら負け」社会ニッポン シゴトとヒトの現場を歩く

「働いたら負け」社会ニッポン シゴトとヒトの現場を歩く
216 円
長引く経済の停滞、価値観の変化で、仕事と人の関係に大きな変化が押し寄せている。従業員に過酷な残業を押し付けたり、パワーハラスメントや嫌がらせをしたりする「ブラック企業」が後を絶たない一方、新卒で就職しても3年以内に辞めてしまう「リセット転職」の数が、この..

原発とメディア〔1〕 「平和利用」への道(上)

原発とメディア〔1〕 「平和利用」への道(上)
216 円
原子力を戦争に使う核兵器は否定するが、「平和利用」としての原子力は受け入れる。こうした使い分けをしながら、日本社会は戦後歩んできた。敗戦から復興への道のりのなかで、新聞などのメディアは原発をどう報じ、どう論じてきたのか。2011年10月から40回に渡って..

原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)

原発とメディア〔2〕 「平和利用」への道(下)
216 円
1954年ビキニ事件が起きた当時、原水爆禁止を叫ぶ声が高まっていた。そのような状況下でなぜ、日本は原子力の「平和利用」路線を歩んでいくことになったのか。メディアは原発の安全神話形成にどうかかわったのか。2011年10月から40回に渡って朝日新聞夕刊で連載..

1 2 3 4 .. 96363

CS Shop

サイト内検索


へしこ旅資金残高

現在の残高
50165円(予算達成)/50000円

カテゴリー

アーカイブ

follow us in feedly

広告

PAGETOP
Copyright © 電池@net All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.